このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

笑った時に上の前歯の歯茎が多く見え過ぎる人の治療では上の前歯を後方に動かす際に上方に上げる必要があります。
 

昔は取り外しのできる器具を使って前歯に力を加えていましたが、この方法では使っている時にしか力が加わらないため、効率の良い方法ではありませんでした。


最近では矯正治療中の必要なときだけチタンでできたピン(歯科矯正用アンカースクリュー)を骨に打って、これを土台としてこのピンの方向に歯を動かす方法が用いられるようになっています。


この方法だと自分での努力が必要なく、1日中力を加え続けることができます。
  

2007.04.28 5043 02 a.jpg 2007.04.28 5043 04 a.jpg 2007.04.28 5043 06 a.jpg

 

2007.04.28 5043 07 a.jpg 2007.04.28 5043 13 a.jpg

上の歯が出ているだけではなくて歯茎が見えすぎですよね。


このような場合には上の前歯を後退させる段階で上の前歯の根の間にチタン製のネジを植立して、ここに透明のゴムを掛けて上の前歯をピンの方向に引きます。


ピン自体は上の唇に隠れて見えません。
 

2009.01.24 5043 01 a.jpg 2009.01.24 5043 05 a.jpg

ピンを利用して前歯を後退させ始めて3か月後の状態が下の画像になります。


下の前歯の見える量が増え、上のワイヤーのたわみが少なくなって真っ直ぐになっているのが判ると思います。
 

2009.04.25 5043 01 a.jpg 2009.04.25 5043 05 a.jpg

さらに4か月後、ピンを外した時の画像です。

ピンを打っていた所の傷は2,3日後にはきれいに修復されます。
 

2009.08.08 5043 01 a.jpg 2009.08.08 5043 05 a.jpg

ブラケット治療が終わった時の口元です。

2010.02.27 5043 02 a.jpg 2010.02.27 5043 04 a.jpg 2010.02.27 5043 06 a.jpg

2010.02.27 5043 07 a.jpg 2010.02.27 5043 12 a.jpg