このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

骨格に問題のある反対咬合と同じように思春期成長のピークの時期よりも前から骨格の改善を行います。


ヘッドギアーと呼ばれる器具を用いて上のあごの成長を押さえておいて、その間に下あごが前に伸びることによってあごの前後的バランスを改善します。


あごのバランスの改善で出っ歯の問題が解決されない場合にはブラケットを用いて永久歯のバランスの改善に入ります。

 

4608 1.jpg 4608 2.jpg
4608 3.jpg 4608 4.jpg

 

4608 5.jpg 

これが成長期の出っ歯に対して用いられる代表的な器具で、ヘッドギアーと呼ばれます。就寝中を含めて在宅時に使用します。
 

4608 13.jpg 4608 6.jpg
4608 7.jpg 4608 8.jpg

 

この患者さんの場合には上の前歯と上下の唇を最大限後退させる必要がありましたので、上下の第一小臼歯を抜歯した後でブラケットを用いた治療に入りました。
治療後です。

4608 9.jpg 4608 10.jpg
4608 11.jpg 4608 12.jpg

 

<症例情報まとめ>
主訴 下あごが小さい 前歯(上)が出ている
診断名 Skeletal Cl II div. I(上顎前突)
年齢 10歳~
主な装置 ヘッドギア、マルチブラケット装置、保定装置
抜歯部位 上下左右第1小臼歯
治療期間 I期治療:2年0か月、II期治療:2年2か月
治療費  450,000+税 調節料
リスク 歯肉退縮、ブラックトライアングル、歯根吸収、顎関節症状等