このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

 反対咬合を気にしていて治療を受けたいと思っていても、手術以外に改善方法がないもの、歯を抜かなくてはならないもの、と自分で決め込んで矯正治療を諦めてしまっている方に出くわします。

ここにお見せする女性は、一見ひどい反対咬合で、上の歯並びが非常に悪いので歯を抜かなくてはならないと思ってしまうような例です。
 

yokota 01.jpg yokota 19.jpg
yokota 03.jpg yokota 04.jpg
yokota 05.jpg yokota 06.jpg

このような噛み合わせでは下の前歯が噛むたびに前に押し出す力を受けるため、ぐらつきやすく、ひどいときには抜けてしまうこともあります。


もしも下の前が1本抜けてしまった時には反対咬合の人工物しか入れることができないのです。


また、上の歯の並ぶ場所が少ないために凸凹になっているわけですが、上の唇が後ろに引っ込んだ状態ですので、上の奥歯を後ろに下げ、上の前歯を前に出すことで前歯が並ぶ場所を作りました。

yokota 07.jpg yokota 08.jpg

上のあごにすき間ができ、反対咬合も改善されたところでブラケットを付けて全体の歯の位置の修正に入ります。
 

yokota 11.jpg yokota 12.jpg

この患者さんの治療後です。唇のバランスも改善されています。


治療の内容は、全体のバランス、問題点を総合判断して決められることがお判りになっていただけましたか?

yokota 13.jpg yokota 14.jpg
yokota 15.jpg yokota 16.jpg
yokota 17.jpg yokota 18.jpg