このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

口元が出ていること、特に下の前歯の凸凹、そして上の前歯が出ていることを気にしていた26歳の女性です。上顎前突といっても下あごが小さい例が圧倒的に多く、このような人では下あごが小さいために出っ歯に見えてしまい、下の前歯は並びきらないため凸凹が見られます。
また、口を閉じたときに唇に力を入れないと口が閉じれないため、下唇の下にしわができてしまいます。

日本では手術はしないで無理に上の歯を内側に倒す治療を行なう傾向がありますが、下あごが後方に位置したままになってしまうために横顔のバランスが悪い形で終ってしまいがちです。
最近は骨格性上顎前突(下顎後退型)の患者さんの外科矯正治療例が増加しています。

nakamura 1.jpg nakamura 2.jpg
nakamura 3.jpg nakamura 4.jpg
nakamura 5.jpg nakamura 6.jpg
nakamura 7.jpg nakamura 8.jpg
nakamura 9.jpg nakamura 10.jpg

この方の治療は上は第二小臼歯、下は第一小臼歯を抜いて手術前矯正治療を行ない、上下顎同時移動術を行ないました。

動的矯正治療期間は25ヶ月(手術前矯正治療 16ヶ月 手術後矯正治療 9ヶ月)

治療後です。
下の歯の凸凹はもちろん、口元の出たところ、下唇の下に見られたしわが消失しているのがわかるとおもいます。口も閉じやすくなりました。
 

nakamura 21.jpg nakamura 23.jpg
nakamura 31.jpg nakamura 24.jpg
nakamura 25.jpg nakamura 26.jpg
nakamura 29.jpg nakamura 30.jpg
nakamura 27.jpg nakamura 28.jpg

 

メインメニュー