このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

小学生の頃からあごのバランスの改善を他の矯正医のところで行っていて、永久歯に生え変わったので小臼歯を抜いて噛み合わせの治療を行なう予定としていた17歳の女性です。


小臼歯の抜歯を頼まれた歯科医師が治療方針に疑問を感じて他の矯正医の意見をを聞くようにと薦めて当方を受診されました。
 

ito 01.jpg ito 02.jpg ito 03.jpg
ito 05.jpg ito 04.jpg ito 06.jpg


この方の気にされている点は下あごが出ていて、下あごの形が悪く、顔が長いことでした。


小臼歯を抜く治療法ではこの方の気にされている点が改善されないばかりか下の前歯を後方に倒すことになるので下あごの前に出たイメージが強調される危険性があります。


そこで小臼歯は抜かずに顎変形症の治療を行ないました。
 

動的矯正治療期間は17ヶ月(手術前矯正治療 13ヶ月 手術後矯正治療 4ヶ月)

ito 13.jpg ito 15.jpg ito 14.jpg


 

顎変形症の治療後です。
 

ito 07.jpg ito 08.jpg ito 09.jpg
ito 11.jpg ito 10.jpg ito 12.jpg

 

 

ito 16.jpg ito 17.jpg
▲治療前 ▲治療後


 骨格性下顎前突の外科的矯正治療を行なうことによって、表情はやわらかく、やさしい印象になることを多く経験しています。

メインメニュー