このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

  

永久歯が出てこないことを気にしていた人(埋伏歯)の治療例(治療前) 永久歯が出てこないことを気にしていた人(埋伏歯)の治療例(治療中)
▲治療前 ▲治療中
niwa 1.jpg niwa 2.jpg
▲治療中 ▲治療中
永久歯が出てこないことを気にしていた人(埋伏歯)の治療例(治療後) 永久歯が出てこないことを気にしていた人(埋伏歯)の治療例(5年後)
▲治療後 ▲5年後

本来出てくる場所に出てこない歯を"埋伏歯"といいます。


この例のように特に上アゴの前歯に見られることが多く、上アゴの犬歯に見られることもあります。


埋伏歯がありますと上下の歯の幅が揃わなくなりますので上下のバランスが悪くなってしまいます。

 

<症例情報まとめ>
主訴    左上中切歯の埋伏
診断名   左上中切歯埋伏の症例で、上顎左右第1大臼歯の近心転位を伴う
年齢    9歳~
主な装置 上顎セクショナルアーチ、ヘッドギア、マルチブラケット装置、顎間ゴム、保定装置
抜歯部位 上顎左右第2小臼歯・下顎左右第1小臼歯
治療期間 I期治療:3年5ヶ月、II期治療:2年2ヶ月
治療費  350,000円+税 調節料
リスク   歯肉退縮、ブラックトライアングル、歯根吸収、顎関節症状等