このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

上下のアゴの位置関係の不調和によって下の前歯を失ってしまった成人男性です。骨格を含めた歯の位置関係の修正を行わない限り、良い機能を果たす下の前歯を入れることができません。

40歳の時に上下のアゴの手術を行ない、矯正治療後に下の前歯を入れました。若い時に矯正治療を受けていれば下の前歯を失うことは避けられたと思われる例です。

上下のアゴの手術を含め、矯正治療には健康保険が適応されます。

動的矯正治療期間は27ヶ月(手術前矯正治療 17ヶ月 手術後矯正治療 10ヶ月)
 

治療前治療後
murai f1.jpgmurai f4.jpg
murai f2.jpgmurai f3.jpg
mrai  001.jpgmrai  003.jpg
mrai  002.jpg

mrai  004.jpg

mrai  005.jpgmrai  008.jpg
mrai  006.jpgmrai  007.jpg
murai o1.jpgmurai o3.jpg
murai o2.jpgmurai o4.jpg

下の写真は手術後6年経過した口の中です。左下の犬歯の一部金属が露出している以外、変化無く経過しています。
 

mrai  0008.jpgmrai  0009.jpg
mrai  0007.jpgmrai  0006.jpg
mrai  0010.jpgmrai  0011.jpg