このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

下の前歯が上の前歯の前に出てしまっている状態を反対咬合といいます。
下の前歯が出ていることによって下唇が前に出てしまいます。
大きな上の前歯によって押し出せれるために下の前歯がぐらつきやすくなります。また成長期にこの状態がありますと上顎の成長が阻害され、三日月状の横顔になってしまうことがあります。

 

▼治療前 ▲治療後
前歯が反対なことを気にしていた人の治療例(治療前) 前歯が反対なことを気にしていた人の治療例(治療後)
前歯が反対なことを気にしていた人の治療例(治療前) 前歯が反対なことを気にしていた人の治療例(治療後)
前歯が反対なことを気にしていた人の治療例(治療前) 前歯が反対なことを気にしていた人の治療例(治療後)