このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

ゴルフ雑誌にあのタイガー・ウッズの口が大写しになっていて、なんと下の前歯の裏にボンダブル・リンガル・リテーナーが付いているではありませんか!!!

タイガー・ウッズも矯正治療をしていたとは知らなかった!

雑誌の記事の内容を記載しますね。

"フェデックスカップの初代チャンピオンになったタイガー・ウッズ。毎週の優勝争いで寝不足が続いたのか、ツアー選手権の最終日には大あくび。その瞬間口の中がはっきり見えた。そこには下の前歯の内側に留め金のようなものが着いている。一体これは何か!?

歯科医師によると、これはリテーナーと呼ばれるもの。歯列矯正が終わった後、歯が元に戻らないように、内側からワイヤーで止めているのだという。歯並びのキレイなタイガーも実は歯列矯正をしたの?とビックリするが、アメリカではわりと頻繁に行われていることなのだ。噛み合わせが少々悪くても日本人は平気だが、アメリカでは「歯並びの悪い人は、人前に出るな」と言われるくらい、歯に神経質。特にタイガーのようなスターにとって、歯列の矯正は当然のことらしい。
熾烈なポイント争奪戦を終えたタイガー。家に帰れば4か月に満たない愛娘サムちゃんが待っている。連日連夜の育児に、当分大あくびの日は続きそうだ。”
 
tiger 1.jpg tiger 2.jpg

メインメニュー