このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

虫歯予防としてフッ素の積極的な利用

虫歯予防としてフッ素の積極的な利用

当院では開業当初から患者さんには来院された時には必ずフッ素を積極的に応用して虫歯予防に努めています。

開業当初小児のむし歯が蔓延し、乳歯がボロボロという状況を数多く目にしました。

日本人は歯を良く磨きますし、砂糖の消費量が決して多いわけでもありません。にもかかわらずむし歯大国となっている理由にフッ素を用いた虫歯予防の取り組みが遅れていることが指摘されています。

アメリカにおいて人口100万人以上の都市は全てむし歯予防に適したフッ素濃度の水道水が供給されていて、2025年には歯科医師はむし歯で歯を削る必要は無くなると言われています。日本ではいまだに実施されていないので開業当初から患者さんには来院された時には必ずフッ素を積極的に応用して虫歯予防に努めて来ました。

2000年に旭川歯科医師会公衆衛生部葭内理事と共同でフッ素を用いたむし歯予防に関する情報を纏め上げた“21世紀の8020戦略-水道水フッ素化の歩み”を作成しました。

この書物の有用性が全国的に認められこの冊子を土台とした“新しい時代のフッ化物応用と健康-8020達成を目指して”が医歯薬出版株式会社から出版され、著者の一人に名を連ねています。

メインメニュー