このページの本文へ移動

アサヒ矯正歯科

類似症例検出システムの構築

類似症例検出システムの構築

過去のデータを活用し、患者様の成長に合わせた最適な治療を心がけています。

矯正歯科では成長期にある患者さんの将来の成長を正確に予測することは非常に難しく、経験に頼っている側面があります。

そこで統計的手法を用いて、過去に治療して数年間の成長変化の記録の保存されている3000名の患者データーから、類似した患者情報をピックアップするシステムを構築しています。

単に経験に頼るだけではなく、実際の過去に治療した類似した骨格を持つ患者さんの成長データーも参考資料として治療予測に利用しています。

メインメニュー