1. ホーム
  2. お悩み別治療例
  3. 成長終了後の治療例
  4. 第二大臼歯を抜いて親知らずを利用した治療例

お悩み別治療例

« 他院で歯を抜かずに無理に並べたため、口が閉じれなくなってしまった30歳の成人女性... 成長終了後の治療例トップへ 外科手術や抜歯をすることなく改善できた反対咬合... »

第二大臼歯を抜いて親知らずを利用した治療例

前歯の凸凹の改善を行なう上で抜歯が必要であれば小臼歯を抜いてその場所を凸凹の改善に利用することが一般的です。


ただ、前歯と唇の前後的位置を変化させる必要が無く、親知らずがその手前の第二大臼歯に引っかかっていて、第二大臼歯に虫歯や治療跡があり、親知らずの形がよい場合には、小臼歯の代わりに第二大臼歯を抜いて治療することがあります。


条件が揃っていなければ採用できない治療法ですが、歯の連続性が保たれ、治療上犠牲とする歯が少なく済む利点のある治療法です。
 

▼治療前
kikuti 02.jpg kikuti 01.jpg
kikuti 03.jpg  
kikuti 04.jpg kikuti 05.jpg
kikuti 07.jpg kikuti 06.jpg

kikuti x01.jpg

下の親知らずが手前の第二大臼歯に当たっています。


そこで上下の第二大臼歯を抜いて親知らずが使えるようになるのを待ちます。
 

kikuti 11.jpg kikuti 12.jpg


親知らずが出てきた状態です。
 

kikuti 21.jpg  
kikuti 22.jpg kikuti 23.jpg
kikuti 24.jpg

kikuti 25.jpg

kikuti x02.jpg

右下の親知らずは前に倒れて出てきています。

親知らずの出方を確認してブラケットを用いた治療に入ります。

下が治療後ですが、口元はほとんど変化しませんでした。
 

▼治療後
kikuti 31.jpg kikuti 32.jpg
kikuti 33.jpg  
kikuti 34.jpg kikuti 35.jpg
kikuti 36.jpg kikuti 37.jpg

kikuti x03.jpg
倒れていた下の親知らずも真っ直ぐにし、上の親知らずと噛み合わせます。

この方法の欠点とすると、親知らずが出るまで治療を行なえないこと、親知らずの形が第二大臼歯と異なる点などが挙げられます。

« 他院で歯を抜かずに無理に並べたため、口が閉じれなくなってしまった30歳の成人女性... 成長終了後の治療例トップへ 外科手術や抜歯をすることなく改善できた反対咬合... »

メニュー

アサヒ矯正歯科
旭川市宮下通9丁目 メゾンドノール1F
TEL/0166-22-6400
FAX/0166-24-6320

お問い合わせ

北海道 歯科

北海道 外科矯正

北海道 矯正歯科