1. ホーム
  2. お悩み別治療例
  3. 顎変形症の治療例
  4. 顔が曲がっていることを気にして下あごの手術をした18歳女性 そしてその17年後

お悩み別治療例

« 口元が出ていることと歯の凸凹を気にしていた骨格性上顎前突の上下顎手術例ー26歳女性... 顎変形症の治療例トップへ 成長とともに顔の非対称と反対咬合が増悪し、上下顎同時移動術を行なった男性治療例... »

顔が曲がっていることを気にして下あごの手術をした18歳女性 そしてその17年後

上のあごと下のあごが骨格的に横にずれていますとあごの上にある歯も横に倒れています。この場合、噛む力は歯を倒す力として作用してしまうため、歯の寿命は短くなります。


もしも歯を失った場合には土台の骨どうしが横にずれていますので、入れ歯を作ることが非常に難しくなってしまいます。

この女性は下の前歯の幅1本以上、下あごが左にずれていました。


治療は下あごを右に移動し、さらに少し後方に移動する手術を行なっています。


動的矯正治療期間は22ヶ月(手術前矯正治療 13ヶ月 手術後矯正治療 9ヶ月)

 

▼治療前 ▲治療後
顔が曲がっていることを気にしていた人の治療例(下顎の手術例)[治療前] 顔が曲がっていることを気にしていた人の治療例(下顎の手術例)[治療後]
顔が曲がっていることを気にしていた人の治療例(下顎の手術例)[治療前] 顔が曲がっていることを気にしていた人の治療例(下顎の手術例)[治療後]
顔が曲がっていることを気にしていた人の治療例(下顎の手術例)[治療前] 顔が曲がっていることを気にしていた人の治療例(下顎の手術例)[治療後]
顔が曲がっていることを気にしていた人の治療例(下顎の手術例)[治療前] 顔が曲がっていることを気にしていた人の治療例(下顎の手術例)[治療後]

この方が手術して17年後に2人のお子さんの矯正治療を希望されて来院されました。


その時の写真です。


バランスのよい骨格の上で歯が機能することの大切さを見ることができます。
 

 

umikawa 1.jpg umikawa 2.jpg
umikawa 3.jpg umikawa 6.jpg
umikawa 4.jpg umikawa 5.jpg

 

« 口元が出ていることと歯の凸凹を気にしていた骨格性上顎前突の上下顎手術例ー26歳女性... 顎変形症の治療例トップへ 成長とともに顔の非対称と反対咬合が増悪し、上下顎同時移動術を行なった男性治療例... »

メニュー

アサヒ矯正歯科
旭川市宮下通9丁目 メゾンドノール1F
TEL/0166-22-6400
FAX/0166-24-6320

お問い合わせ

北海道 歯科

北海道 外科矯正

北海道 矯正歯科