1. ホーム
  2. お悩み別治療例
  3. 顎変形症の治療例
  4. 発音の異常と前歯で物を噛み切る事ができないことを気にしている骨格性開咬の19歳女性(上下顎手術例)

お悩み別治療例

« 笑った時に歯茎の出る開咬ー32歳女性(上下顎手術例)... 顎変形症の治療例トップへ 他の矯正医と全く異なる方針となった17歳の女性(下顎手術例)... »

発音の異常と前歯で物を噛み切る事ができないことを気にしている骨格性開咬の19歳女性(上下顎手術例)

上のあごが上下的に長く、しかも正常よりかなり後ろにあり、下あごは後方に回転した形で頭に付いている骨格性開咬(上下の歯が噛みあっていない状態)の女性です。


骨格の位置の異常に加えて上の前歯が1本生まれつき少ないため、前歯がまったく機能できていません。


前歯で物を噛み切る事ができないだけでなく、発音は息の漏れたものになっていて、このような不正咬合では特に”サ行”の言葉が聞き取りづらくなってしまいます。


漫才コンビ”ハム”の諸見里 大介さんは滑舌の悪さを漫才のネタにしていますが、彼の発音の異常は不正咬合から生じる障害の典型です。

ishihara 0.jpg ishihara 1.jpg ishihara 4.jpg
ishihara 2.jpg ishihara 3.jpg  
ishihara oral 3.jpg ishihara oral 1.jpg ishihara oral 4.jpg
ishihara oral 6.jpg ishihara oral 2.jpg ishihara oral 5.jpg

E line.jpg

鼻の先と下あごの先(オトガイ)を結んだ線をエセティック・ラインと呼び、このラインの上に上下の唇の先が乗るかわずかに後ろに唇が位置すると口元が綺麗に見えるとされています。


下の写真は上下顎同時移動術とオトガイ形成術を用いた顎変形症の治療後です。


上下のあごの前後および上下のバランスだけでなく、オトガイの形を整えることで顔貌と噛みあわせの両方が改善されています。


この治療によって発音も著しく改善されました。

動的矯正治療は21ヶ月(手術前矯正治療 13ヶ月 手術後矯正治療 8ヶ月)
 

▼治療後
ishihara 5.jpg ishihara 6.jpg ishihara 9.jpg
ishihara 7.jpg ishihara 8.jpg  
ishihara oral 55.jpg ishihara oral 11.jpg ishihara oral 66.jpg
ishihara oral 33.jpg ishihara oral 22.jpg ishihara oral 44.jpg

 上の前歯の1本が神経を取る治療によって変色していたため漂白を行いました。しかし変色の程度が進んでいて多くの改善を見ることができませんでした。

ishihara oral 7.jpg

« 笑った時に歯茎の出る開咬ー32歳女性(上下顎手術例)... 顎変形症の治療例トップへ 他の矯正医と全く異なる方針となった17歳の女性(下顎手術例)... »

メニュー

アサヒ矯正歯科
旭川市宮下通9丁目 メゾンドノール1F
TEL/0166-22-6400
FAX/0166-24-6320

お問い合わせ

北海道 歯科

北海道 外科矯正

北海道 矯正歯科