1. ホーム
  2. お悩み別治療例
  3. 成長期の治療例
  4. 下の小臼歯を上の前歯部分に移植した例

お悩み別治療例

« 成長期の過蓋咬合(噛み合わせが深すぎる)治療例... 成長期の治療例トップへ 口元が出ていた成長期の男子の治療... »

下の小臼歯を上の前歯部分に移植した例

前歯を外傷や何らかの原因で失った、あるいは生まれつき永久歯が無い人の場合に、自分の別の場所の歯を移植することが可能です。


特に凸凹が多い人の場合には小臼歯を抜歯することが一般的ですので、この抜歯した歯を、歯が無い部分に移植するわけです。


移植する歯の根の完成度が3/4という段階が最適であるとされています(小臼歯であれば10歳から12歳ころ)。


ただ、根が完全に形成されていても予後に大きな差はない、という報告もあります。


この方は原因不明ですが右上の永久歯が3本炎症によってぼろぼろでした。下に凸凹があったため下の小臼歯を2本抜歯して右上に移植しました。
 

trans 4.jpg trans 1.jpg trans 5.jpg
trans 2.jpg   trans 3.jpg


 

下の左右の小臼歯を抜歯して右上に移植した直後です。

 

trans11.jpg trans12.jpg

 成長による変化が見られなくなってから最終的な人工物を入れます。

trans14.jpg trans13.jpg

 

« 成長期の過蓋咬合(噛み合わせが深すぎる)治療例... 成長期の治療例トップへ 口元が出ていた成長期の男子の治療... »

メニュー

アサヒ矯正歯科
旭川市宮下通9丁目 メゾンドノール1F
TEL/0166-22-6400
FAX/0166-24-6320

お問い合わせ

北海道 歯科

北海道 外科矯正

北海道 矯正歯科