1. ホーム
  2. お悩み別治療例
  3. 顎変形症の治療例
  4. 笑った時に歯茎の出る開咬ー32歳女性(上下顎手術例)

お悩み別治療例

« 反対咬合の為に下の前歯を失い、アゴの手術後に前歯の治療を受けた成人ー39歳男性(上下顎手術例)... 顎変形症の治療例トップへ 発音の異常と前歯で物を噛み切る事ができないことを気にしている骨格性開咬の19歳女性(上下顎手術例)... »

笑った時に歯茎の出る開咬ー32歳女性(上下顎手術例)

笑った時に若い女性は2mmくらいまで歯茎が見えても構わないとされていて、少し歯茎が見えるのは若さの象徴でもあるとされています。


年齢が高くなると皮膚の緊張が減ってくるので歯茎の見える量は減ってきます。


一方、男性は見えないのが正常とされています。


この女性は笑ったときに歯茎が正常より多く出てしまいます。そして下アゴは後方に下がっています。


口の中を見てみると上の奥歯が下がり、下の奥歯が上に伸びだしていて前歯が全く噛み合っていません。


このような噛み合わせでは奥歯の負担が大きく、奥歯の寿命は非常に短くなってしまいます。 

open bite 11.jpg open bite 01.jpg open bite 03.jpg
open bite 06.jpg open bite 05.jpg open bite 07.jpg


 

治療は上の前歯の見える量が変化しないようにして上の奥歯の部分を手術で上に移動しました。


さらに下あごは少し前に出してオトガイの部分も前に出しました。


下の写真が治療後です。


動的矯正治療期間は24ヶ月(手術前矯正治療 11ヶ月 手術後矯正治療 13ヶ月) 

open bite 12.jpg open bite 02.jpg open bite 04.jpg
open bite 09.jpg open bite 08.jpg open bite 10.jpg


 

口元の出た感じ、のどからオトガイまでの長さ、笑った時の歯茎の出る量が改善されてます。


口の中では前歯から奥歯にかけての段差が無くなり、前歯で食べ物が噛み切れるようになっています。


また、前歯が機能することで奥歯の負担も減らされています。
 


 

 

« 反対咬合の為に下の前歯を失い、アゴの手術後に前歯の治療を受けた成人ー39歳男性(上下顎手術例)... 顎変形症の治療例トップへ 発音の異常と前歯で物を噛み切る事ができないことを気にしている骨格性開咬の19歳女性(上下顎手術例)... »

メニュー

アサヒ矯正歯科
旭川市宮下通9丁目 メゾンドノール1F
TEL/0166-22-6400
FAX/0166-24-6320

お問い合わせ

北海道 歯科

北海道 外科矯正

北海道 矯正歯科