1. ホーム
  2. お悩み別治療例
  3. 成長期の治療例
  4. 永久歯の前歯が出てきた時に治療が必要な状態

お悩み別治療例

« 上の前歯が出ていることを気にしていた人の治療例ー10歳女性... 成長期の治療例トップへ 成長期の過蓋咬合(噛み合わせが深すぎる)治療例... »

永久歯の前歯が出てきた時に治療が必要な状態

          永久歯の前歯が出てきて下の写真のように一部の前歯が反対に噛んでいる時は早急に改善が必要です。転んでしまったり、人とぶつかった時に反対になっている前歯が折れたりひどい時には抜けてしまったりします。

 

suga1.jpgsuga2.jpg

 

よく用いられる器具は、下の写真にある取り外しのできる器具を下の歯全体の上に乗せておいて逆に噛んでいる上の前歯を裏から前方に押すようにします。

このような前歯の状態は短期間に改善が可能で、下の写真が2ヵ月後の状態です。

 

suga3.jpgsuga4.jpg
suga5.jpgsuga6.jpg

 

 前歯の大きな問題を解決した後は、永久歯が生え揃うのを待ちます。この方の場合は次第に凸凹が目立ってきました。

 

suga7.jpgsuga16.jpg

 

永久歯が生え揃ってから間引きの抜歯が必要かどうか検討します。この方の場合は横顔が良好で、無理に歯を並べると唇が突き出たバランスになってしまうため、上下の第一小臼歯を抜いてブラケットを用いた治療に入りました。

 

治療前治療後
suga 01.jpgsuga 06.jpg
suga 05.jpgsuga 07.jpg
suga 04.jpgsuga 08.jpg
suga 02.jpgsuga 09.jpg
suga 03.jpgsuga 10.jpg

 

 

 

« 上の前歯が出ていることを気にしていた人の治療例ー10歳女性... 成長期の治療例トップへ 成長期の過蓋咬合(噛み合わせが深すぎる)治療例... »

メニュー

アサヒ矯正歯科
旭川市宮下通9丁目 メゾンドノール1F
TEL/0166-22-6400
FAX/0166-24-6320

お問い合わせ

北海道 歯科

北海道 外科矯正

北海道 矯正歯科