1. ホーム
  2. 当院の取り組み
  3. "ドルフィン 3D" を使用しています

当院の取り組み

当院の取り組みのトップへ

"ドルフィン 3D" を使用しています

2001年からレントゲンの分析、治療予測にドルフィン・イメージングというソフトを個人輸入して使っていました。
これまで、このソフトをしっかりサポートしてくれるところが日本には無かったため、すべて自分で対応しなくてはならなかったのですが、2010年からジーシー・オルソリーという会社がこのドルフィン・イメージングのサポートをして下さることとなったのと、CTの導入に合わせてソフトも3次元に対応した”ドルフィン 3D"にソフトのバージョン・アップをしました。
この”ドルフィン 3D"というソフト、ものすごく優れたソフトです。使ってみてびっくりです。
また、ドルフィン・イメージングは全米の97%の矯正学講座で導入されている(DolphinImaging調べ)ということがわかりました。

2011年の春には外科矯正治療のシミュレーション用のDolphin 3D Surgeryのリリースが予定されていて、
2次元から3次元への思考過程の進化が一段と進むと思っています。

 

当院の取り組みのトップへ